株式会社マーケティングジャーナル

アグリマシーン Pick Up


2019年9月


小橋工業

オートあぜ塗り機ガイアXRV-2シリーズ

あぜ塗り機の適応馬力を増大させモデルチェンジ

機体各部の位置と角度を演算処理する自動制御装置「ガイアマチック」を搭載し、トラクタが旋回してもあぜを自動的にまっすぐ塗り続けるオートあぜ塗り機ガイアの大型トラクタ向けがモデルチェンジした。

 《主な特長》①旧型機XRV-1シリーズから適応馬力を増大。48~97PSから48~104PSになった。②自動土量調整機能によりトラクタから降りること無く土量(ドラム高さ)を自動調整することが可能。③コールタ高さも自動調整式に変更。トラクタから降りての高さ調整が不要となった。④天場追従機能を採用し一定の天場耕深に自動調整する。あぜの高さが変化してもトラクタから降りて高さ調整する必要がない。⑤前進のみの作業でコーナー際まで仕上げることができる。⑥音声ガイダンス付きのコントローラを採用。⑦摩耗に強いステンレスリング付ドラムを採用。

 《主な仕様》XRV872T-0L:全長2054×全幅1220×全高1540㎜。重量=440㎏。適応あぜ高さ=27〜37㎝(大径ローラ時22〜32㎝)。ドラム外径=φ880㎜。作業能率=6〜15分/100m。

 《希望小売価格(消費税込)》

▷XRV872T-0L=199万8000円

▷XRV872T-4L=209万5200円


キャニコム

土木建設用運搬車プンダシリーズ カルーセル・ダンプS300

コンパクトながらハイパワーで最大積載量3t

 《開発の狙い》1990年代初期、当時クローラキャリアは荷箱を一方向上下に動かすことによって土砂等を排出する事が常識とされていたが、同社はキャリア本体の旋回が困難な狭い現場での安全と作業効率を上げる事に着目し、1995年、世界で初めて荷箱に回転機能をプラスした「カルーセル・ダンプ」を開発し、さらにほぼ直角にダンプする機能を装備して市場に投入した。

 以後、最大積載0.75t~2.5tまで「カルーセル・ダンプ」のクローラキャリアを製品化してきた。狭い作業現場においては、作業効率も劇的に上がり、国内外で高い評価を得ている。

 近年、より高い機動性、安全機能の充実が求められるようになり、このようなユーザーの声に応えるため、コンパクトサイズながらパワーアップしたクリーンエンジン搭載で、最大積載量3tのカルーセル・ダンプS300を新発売した。

 当製品では定評のある強靭な足回りをブラッシュアップし、転倒時にオペレーターを保護するROPS(転倒時運転者保護構造)にFPOS(落下物保護構造)を追加。また、車両の状態が一目でわかる表示モニター、エンジン緊急停止スイッチ、危険傾斜角度域エンジンオートストップ等を搭載してさらなる安全性を追求した。

 土木建設用運搬車のシリーズ名となっている“プンダ”とは“ダンプ”を逆から呼んだもの。ロゴマークには物を持ち上げ、回転ができる力強さと親しみが持てるイメージとして動物の象を起用している。

 《主な特長》①荷台が中心より左右に90度旋回(180度旋回)する。狭い場所でも方向転換することなく任意の場所に排出でき、効率よく作業が進められるとともに圃場を傷めない。②最大ダンプ角度はほぼ直角の85度。25度の登り傾斜でも排土でき、傾斜地での排土作業もスムーズに行える。③最大作業能力3tを実現。荷箱底板には高強度のスウェーデン鋼を採用。耐久性があり、固形重量物や鋭角な積載物投入でも、底板の破損・変形が低減される。④2014年排ガス規制(4次)対応。コモンレールにより最適な燃料供給、余分な燃料消費を抑える。排ガス後処理装置(DPF)を備え、環境にやさしく、しかも低振動で運転者にやさしいエンジンとなっている。最大出力51PSのハイパワー。走破性が更にパワーアップした。⑤ROPSに加えてFPOSを追加。より安心して作業に集中できる。⑥安全レバー(ロックレバー)を上げる(ロックする)ことで操向レバーでの走行を無効にする。安全レバーは下げると解除される。レバーを上げている(ロックしている)状態では、乗降時に作業者が操向レバーに触れても誤操作することがない。⑦ECOモードを搭載。ECOモードをオンにするとエンジン出力を80%に抑えることができ、必要以上の燃料消費を抑える。⑧緊急停止スイッチをシート下に配置しているので、非常時に素早くエンジンを停止できる。⑨回転シート採用。シートを回転させることで、常に進行方向を向いた体勢で操向操作ができ、ストレスなく安心した体勢で運転できる。⑩視認性の高い大型モニター搭載。作業中のエンジン回転数、燃料残量・消費量、水温、エンジンの状態を適時に表示。また、メンテナンス時期の表示でオイル交換等の時期を知らせる。車体傾斜角度が27.5度以上で横転警告が点灯する。更に、不具合が発生した時、不具合箇所を表示し素早い原因解決を手助けする。不具合はエラー履歴として残るので、後で発生内容の確認が可能となっている。⑪エンジンカバーフルオープンが可能。上面から側面フルオープン、更にエンジン上面もオープンでき、メンテナンスがしやすくなった。また、コントロール系パネルもオープンできる。⑫土木建設キャリアで培ったノウハウを結集した、同社独自、独創、クラス最強の足回りとなっている。

 《主な仕様》▷S300:全長3675×全幅1620×全高2370㎜。最低地上高=285㎜。重量=2640㎏。クローラ;幅=320㎜、中心距離=1230㎜、接地長=1425㎜。荷箱容積;平積=1.13㎥、山積=1.50㎥。排気量=2434cc。最大出力=50.8PS/2700rpm。走行段数=HST(2段切替)。走行速度=高速0~11・低速0〜6㎞/h。登坂能力=25度。最大ダンプ角=85度。

 《希望小売価格(消費税込)》

▷S300=702万円

 《発売時期》発売中



スチール

高圧洗浄機RE 90

コンパクトで使いやすい、新デザイン高圧洗浄機

 パワフルな高圧洗浄機RE 90は、車やバイクの洗浄、家の窓、壁、玄関周りの洗浄、農機具の洗浄等に充分な圧力と水量を持ち、加えて軽量・コンパクト設計を実現。さらに、移動用のタイヤがつき、女性やお年寄りでも簡単・手軽に移動ができる。税別希望小売価格は1万9800円と購入しやすい価格を設定。この1台で、手間のかかる水を使う掃除が、簡単、手軽になり、楽しく作業できる。

 《主な特長》①表面をなるべく傷つけずに洗浄をしたいという場合は、フラットジェットノズルを使用する。ノズル部分を左右に回すことで圧力を調整することができる。ロータリーノズルは、フラットジェットノズルより強力。内部のノズルが高速回転し、円形に高圧水が吐出される。頑固な汚れを簡単、効果的に洗浄できる。②ガンの部分でホースが自由に回転し、ねじれが発生しづらい構造。また、ねじれが発生しても簡単にほどくことができる。③大型タイヤを装備しているので、機械の移動が簡単。④ボトルに洗剤を入れて、水と一緒に塗布することができる。車輛の洗浄や、家の窓、壁の洗浄作業などをするとき、洗剤を効率よく塗布したい場合に非常に便利。⑤様々なアクセサリーは全て本体に固定、収納することが出来る。⑥ブラシを回転させながら汚れを落とす「ロータリーブラシ」など、別売りのオプションが多数用意されている。

 《主な仕様》RE 90:重量=9㎏(アクセサリー含む)。定格電圧=100V。周波数=50/60Hz共通。出力=1.45kW。消費電流=15A。吐出圧力=1〜6.7Mpa。吐出水量=5.3L/min。最大給水温度=40℃。電源コード長=5.0m。高圧ホース長=6.0m。水道ホース長=3.0m。

 《希望小売価格(消費税込)》▷RE 90=2万1384円

込)》






過去のアグリマシーン(アーカイブ)⇒