株式会社マーケティングジャーナル

アグリマシーン Pick Up


2019年7月


クボタ

アグリロボトラクタ:ホイル仕様MR1000A(100PS)、パワクロ仕様MR1000A-PC(100PS

新時代農業を応援

 《開発の狙い》国内農業は高齢化に伴う離農や委託、経営効率化を図るための農地集積などにより、営農規模の拡大が進んでいる。そのような状況下、担い手農家は入手不足や作業効率の向上、省力化など様々な課題を抱えており、精密農業を活用した課題解決の取り組みが急務になっている。同社はこれまでにGPS搭載農機を「ファームパイロットシリーズ」と称して展開。ラインアップの拡充を進め、本年1月のディーラーミーティングにおいて、参考出品として今後の開発についても発表したが、その内、ファームパイロットシリーズの第6弾として、アグリロボトラクタMR1000Aを発売する。尚、アグリロボトラクタMR1000Aでは、オペレータが搭乗して自動運転ができる「有人仕様」と、使用者の監視下において無人運転作業が可能な「無人仕様」の2つの仕様を発売するが、まずは、本年9月に「有人仕様」を発売し、「無人仕様」は年内の販売開始を予定している。

 《主な特長》①トラクタの操作が自動で行えるので、ほ場の仕上がり状態の確認がしやすく、作業精度が向上すると共に、オペレータの疲労を軽減させる。また、未熟練者でも簡単に操作ができるので、人手不足の解消に貢献する。自動運転の対象作業は「耕うん」、「代かき」、「肥料散布」、「粗耕起」、「播種」の5作業となる。②作業に必要な情報を入力するだけで、ほ場形状に合わせた最も効果的な作業ルートを自動生成できるので、未熟練者でも効率の良い作業が行える。枕地幅を考慮した作業開始位置までスイッチひとつで自動で移動できる機能により、ロス(過度の重複、残耕)の少ない作業が可能。③直進時のステアリング操作はトラクタに任せる事が出来るので、未熟練者でも各種作業が精度よく行えると共に、作業能率も向上させることができる。④自動運転作業時に「機体がマッピングしたほ場からはみ出る」「機体が作業経路から外れる」といった状況になった場合および「手動操作(ステアリング、変速、各ベダルの操作など)」を行った場合、自動運転を停止させる安心サポート機能を装備している。⑤自動運転に必要な各種設定を、タッチパネル式ターミナルモニタ(自動運転モニタ)1台でできる。なお、各種メッセージも日本語で表示するので、設定や状態の確認が容易に行える。⑥RTKに対応しており、誤差の少ない(数㎝)高精度測位が可能。別売オプションとしてRTK基地局キットを採用するが、MR1000Aでは、基地局の設置が不要となるVRS方式(仮想基準点方式)にも対応している。VRS方式とは、国土地理院が管理する電子基準点から得たデータを元に、サービスプロパイダがインターネット回線を通じて補正データを配信するサービスを利用する方式で、基地局の設置が不要であり、携帯電話が使用可能なエリアであれば、どこでも使用可能。

 《主な仕様》MR1000A(ホイール仕様):全長4035×全幅1940×全高2730㎜。重量=3400㎏。総排気量=3769㏄。出力=100PS/2600rpm。走行速度;前進=0.19〜33.8km/h、後進=0.19〜33.7km/h。最大揚力=3300kgf。作業機装着方式=3点リンクJIS2形(クイックフック式)。

 《希望小売価格(消費税込)》

▷MR1000AQMAXWULl-OP=1214万6760円

▷MR1000AQMAXWUR2-OP=1270万9440円

▷MR1000AQMAXWUPC3-OP=1309万7160円

 《発売時期》2019年9月

※「無人仕様」は2019年内発売予定。

 《販売目標》年間100台


井関農機

田植機「さなえ」NP70D-Z(7条植・直進アシスト仕様)

スマート田植機に待望の7条植仕様を追加

 《開発の狙い》精密な操作を必要とする田植機での作業では、長時間の運転に起因するオペレータの疲労軽減が課題となっていた。また、新規就農者を従業員として雇用する農業経営体が増加する一方で、機械の操作に不慣れな従業員に対しての運転技術の習熟にかける時間コストが、経営における大きな負担になっている。このような課題に対応するため、同社はこれまでに6条・8条ディーゼル仕様の直進アシスト田植機を投入してきた。今回、担い手層に定評のある7条クラスへの搭載要望もあり、ディーゼル仕様の直進アシストシステム「オペレスタ」を搭載した7条植田植機を新たに投入する。

 《主な特長》①GNSSとステアリングモータで構成される「直進アシスト機構」により、直進作業をアシスト。直進操作に気を遣う必要がないため、ストレスを感じることなく作業が行える。また、運転技術の習熟度に左右されることがないため、機械の操作に不慣れな者でも簡単に真っすぐな植付けができる。水かさが多い場合など、マーカ跡の視認性が悪い条件でも直進性を保つことができる。②基準線の登録、アシスト機能の「入」・「切」はレバー1本のみの簡単操作。ハンドルを握りながら操作できるので、旋回後も慌てることがない。③モニタのLEDの点灯・点滅により直進アシスト作業の状態が一目で確認できる。植付作業時には前方から目線をそらさずに状態確認を行える。また、条合わせの際、ランプの点滅により左右方向を知らせて誘導するので、安心して作業が行える。④直進アシスト緊急解除機構を搭載。障害物などをハンドル操作で回避する際、手動でハンドル操作をした場合は手動操作が優先される。⑤衛星電波が遮られGNSS測位ができなくなった場合は、機体が自動で減速後停車する。⑥あぜ接近時危険回避機構を採用。あぜが近づくと(約8m手前)警告音で知らせ、その後、4秒で機体が自動で減速し、停車する。⑦ほ場逸脱防止機構を採用。あぜに乗り上げた場合など、機体が前後左右8度以上傾くと自動的にエンジンが停止する。⑧枕地1行程作業が可能なので、作業効率化に貢献する。⑨作業開始時に一度GNSS測位をすれば、小休憩や苗補給時に一定時間(約2時間以内)エンジンを停止してもシステム情報を記憶。作業再開時はシステム再設定の時間が不要で、すぐに作業を始めることができる。

 《主な仕様》NP70D-ZLF8:全長3160×全幅2120×全高2700㎜。重量=840㎏。総排気量=1123cc。出力=24.5PS/3000rpm。苗搭載数=14+7(予備苗)箱。作業速度=0〜1.86m/s。作業能率=8分/10a〜。

 《希望小売価格(消費税込)》

▷NP70D-Z=346万6800円~404万4600円

 《発売時期》2019年6月

 《販売目標》年間200台



三菱マヒンドラ農機

乗用田植機LKE60AD(6条紙マルチ)/LE50AD(5条)/LE60AD(6条)/LE70AD(7条)/LE80AD(8条)

イーグルデザイン採用で装いも新たに登場

 《主な特長》①湿田での走行性能に優れ、パワフルかつ低振動・低騒音で20.5PSを発揮する排気星761㏄ハイパワークリーンディーゼルエンジンを搭載。②イーグルデザインを採用して、LED ヘッドランプを取り入れるなどデザインや仕様の細部をブラッシュアップした。③三菱独自の植付機構により、手植え感覚で優しくきれいな植付を実現する。④同社独自の紙マルチ田植機(LKE60AD)は、田植えと同時に田面に専用の再生紙を敷き詰めることで雑草を抑制し、除草作業を大幅に軽減する。

 《主な仕様》LE80AD:全長3375×全幅2220×全高1595㎜。重量=908㎏。総排気量=761㏄。出力=20.5PS。始動方式=セルモータ式。変速段数=HST前進8・後進5段(副変速2段)。苗の種類=マット苗。作業速度=0〜1.7m/s。作業能率=9分/10a~。

 《希望小売価格(消費税込)》

▷LKE60AD=366万6600円〜、▷LEADシリーズ=243万5400円〜

 《発売時期》2019年10月






過去のアグリマシーン(アーカイブ)⇒